ブログ

ブログ詳細

satowaものがたり その8〜三鷹アロマ〜


ヘルパーの資格が功を奏した。

銚子駅前の介護サービスのお店に飛び込み状況を説明。1週間の半分を田舎で過ごすことに決めた。

人工肛門(ストマ)の処置に訪問看護の手配をし、私のいない間のヘルパーの手配をし、私は田舎の4日間の内の

数時間をヘルパーとして時給をいただけるようセッティングした。

電動の介護ベットもやってきた。。。

satowa第一号のクライアントのMさんが、立派な介護用ポータブルトイレを提供して下さった。

Mさんも義母の長年の介護をなさっておられた方。寝たきりのMさんのお義母さまのところに、

何回か出張に伺ったことがあった。硬直したお体をオイルでトリートメントしていくと

少しづつ柔らかく動いてくれたっけ−−。

 

重厚な田舎の仏壇の後ろの薄暗い部屋が以前のおばあちゃんの部屋だったが、家中の一等地、

メインの和室にで〜んとベットを置き、おばあちゃんは家中を見渡せるようになり、

私も彼女をどこからでも見れるようになった。

朝の6時に東京の家を出て、電車を乗り継いで4時間の介護旅。

田舎の駅に着くとおじちゃんが自転車でいつも迎えに来てくれていた。そして私のリュックを籠に入れ

じりじりとした日差しの中を歩いていった。。。

 th_P1050637

ストマの処置と一週間分のおかず作り、、、その他に少しずつ家の中の片付けをした。

年老いただけでなく、病気でひどい貧血だったおばあちゃん。春先に台所に入った時、お正月に

神棚にあげたお餅すら片せずそのままだったくらいの煩雑さの家の中。。。

積み重なったなんだか分からない雑多なもの、鍋のふたを開けるとこれまたなんの料理か難解な

茶色の液体の中に何かが入っているもの、棚を開けるとゴキブリの卵や糞、家具をずらすと手のひら大のクモ、

4日目の日曜に相方が車で帰郷。力仕事は彼に頼みながら・・・二人でもくもくと片した。

大の虫嫌い、写真の虫でもびびってた私の恐怖感はすっかり克服されてしまった〜〜。

家中を片付けている間、おばあちゃんはひたすら庭の草むしりをしていた。

地べたに這いつくばって、無心に草と土と戯れていた。

おじちゃんは私の仕事のサポーター役を無言でやってくれた。

ストマの袋の掃除した洗面器を洗ってくれたり、小さなことにすっと現れては助けてくれた。

 

井戸の水を張ってプロパンで焚くお風呂は、湧くまで3時間以上かかっていたし暗く狭く、段差もある。

介護サービスを利用しリフォームした。(昔取った杵柄(?)リフォームの図面もひいてしまった。)

お風呂が出来るまでの間、玄関の土間に子供用のビニールプールを置いて入浴してもらったが、

あの時のビニールプールさて、どこから持って来てどうしたか???記憶が抜け落ちてる???

 

ストマの処置と出会わせて下さったヘルパー時代のおじいちゃんとのご縁で、おじいちゃんを介護されていた

奥様(おじいちゃんからするとお嫁さん)もsatowaのクライアントさんになって下さっていた。

おじいちゃんの身体を拭く仕事の折は、かならずオイルトリートメントをしていた(職権乱用??)

おじいちゃんは旅立つ数日前にも「あぶらぬってくれぇ〜」とリクエストして下さったと聞く。

奥様も「たかさん、うちの使って!!」と車椅子をおばあちゃんに提供してくださった。

こうしてーー沢山の人に支えて頂きながら、笑顔の多い在宅介護の過ごすことができた。

 

 

■からだはうす
TEL     0422−38−8656
営業時間  通常日 :10:00~21:00 (最終受付20:00)
      水・木 : 10:00~19:00 (最終受付18:00)
定休日   お問い合わせください

■トリートメントルーム satowa
TEL     090-4417-3434
営業時間  平日:12:00~21:00
      日曜・祝日:11:00~21:00
定休日   第2日曜日
  • facebook
  • twitter
  • mixi