ブログ

ブログ詳細

宝物??〜三鷹/アロマ〜


th_DSCN2028

今週始め、定例となったパートナーの実家の片付けに行ってきた。

午前中の作業を終えて、近くのおそば屋さんまで田んぼの畦道を歩いて向かった。

まだ田植えに早い、寒空の田んぼ・・・

ふと下を見た時に小さな青い光が目に留まった。

手にしてみると小さなガラス瓶だ。

蓋はなく、土だらけ、中もたっぶりと土が入っている。

ティッシュに包んでからポケットティシュの袋に—−

そしてポケットに入れて、先行くパートナーの後を追った。

夜半過ぎ、仕事を終えて東京の自宅に−-翌朝、ボトルを取り出し中に詰まった土を出し、水につけて置いた。

その翌日、ボトルを洗って見えてきた文字ーーー!!!

なんと「御神薬」と書いてある 8-O

昔からどういうわけが、ガラスのビンに惹かれる性格(どんな性格やん?!)

だから精油のボトルに惹かれてこの仕事に入って行ったのかもしれないけれど・・・

話はちょっと逸れるが、この青いボトルの文字を見て

この田舎に15年前まで住んでいたパートナーの母親「おばあちゃん」のことを思い出した。

彼女は信仰が厚く、毎日早朝4時過ぎに仏壇の前で長いお経を唱えていた。

お経を唱え続けたせいか、ちょっとした霊感を授かることとなり、その霊感にすがる

親戚や近所の人も少なからずいた。

「おばあちゃん」は大腸がんが発覚し、手術を経てお腹に人工肛門の袋を二つぶら下げて

余命半年と云われたところを10ヶ月生きた。

彼女の介護は正直、かなり大変だった。だけれど

頂いたギフトも沢山だった。

その頃、satowaはまだ吉祥寺の小さな「からだはうす」の空き時間だけの営業をし、他の時間は

ホームヘルパーとして働いていた。

義母の一大事をきっかけにホームヘルパーの仕事を辞めたが、その当時、ヘルパーで担当した

おじいちゃんが、人工肛門を二つ付けていた。

「ストマ」の知識や対処の方法をこのおじいちゃんから教えて頂いた。

アロマトリートメントの出張で寝たきりのおばあさまのお宅に通わせて頂いたことがある。

義母の介護の中で、車いすやポータブルトイレなど、お世話になったヘルパー仕事で

出会ったクライアントさんから「これ、使ってぇ〜」と提供して頂いた。

おじいちゃんやおばあさまとの関わりから齎された恩恵に他ならない。

色んな出会いに、、様々な方々に助けられて「おばあちゃん」の介護が出来た。

人生ーー「人が生きる」ことは、こんな形でいろんな力に助けられてーー

「生かされ」ているような気がする。。。

話が逸れすぎると切りがないので元い!!!

 

「御神薬」のボトルの後ろのマークは「タ」

「たか」の「タ」っかぁ〜〜〜〜????

アラジンが埃にまみれた魔法のランプを見つけたように???

この青いビンのシンクロニシティを大切にしたいーー

只の小さなガラス瓶だけど・・・

「おばあちゃん」からの季節外れのプレゼントと思いたい・・・

わたしにとっては何より大切な宝物が、また増えてしまった。

我が家の変てこな「神棚」に仲間入り・・・

ありがたや

 

th_DSCN2030th_DSCN2025

 

 

 

 

■からだはうす
TEL     0422−38−8656
営業時間  通常日 :10:00~21:00 (最終受付20:00)
      水・木 : 10:00~19:00 (最終受付18:00)
定休日   お問い合わせください

■トリートメントルーム satowa
TEL     090-4417-3434
営業時間  平日:12:00~21:00
      日曜・祝日:11:00~21:00
定休日   第2日曜日
  • facebook
  • twitter
  • mixi