ブログ

ブログ詳細

心身のエネルギーをみる〜三鷹整体〜


とにかく緊張を緩めるというのが心身の自然な流れを取り戻す基本である。
それはエネルギーの流れをスムースにすることと同意だ。エネルギーにもいろいろとあるが、
気の流れ、血の流れ、力の流れ、神経伝達の流れ、思いや想念の流れなども含めての総称として

エネルギーという言葉を使う。

なぜそんなに大雑把なくくりで表現するかというと、浄化の呼吸はひとつの技法でそれら全部に作用してしまうからである。
浄化の呼吸にはチャクラボイシングという声を出すワークがある。

チャクラという概念は4千年前にインドに興ったヨガに起源をもつ。

チャクラは身体と精神がどのように成り立っているのかを洞察した驚くべき概念である。

人体の正中背面を尾てい骨から脊柱が走り、その上に頭蓋骨が乗る。

ご承知のように、脊柱管には脊髄神経が頭蓋内には脳がある。
古代の達人たちはこの神経と脳の走行を道と捉えた。エネルギーの道である。

そのエネルギーをクンダリーニというが、このクンダリーニを覚醒させることがヨガの目的である。

チャクラは輪という意味でエネルギーセンターのことである。

尾てい骨から頭頂部まで7つのエネルギーのセンターがある。
では、チャクラ=エネルギーセンターとは何か。これはエネルギーが集注するところである。
下から会陰部、下腹部、上腹部、胸部、首、眉間、頭頂部とあって、

それぞれどのようなエネルギーが主に関連しているのかが定まっている。

エネルギーセンターはエネルギーが集注するところであるがゆえに、

エネルギーが溜まりやすい、滞りやすいところでもある。
疲労やストレスはそうしたセンターと結びつき、実際の身体部位の緊張や凝りや硬直となって現れる。

 

余談になるが、西洋の医学は身体を徹底的に解剖し、物質的、機械論的な理解で人体をとらえるが、
インドや東洋のとらえかたは、まさにエネルギー的である。

それは自然風土気候と人間を決して切り離して考えない。

西洋は善なる私に降りかかってきた病気は悪だから徹底的にやっつける。

悪を壊し取り除けばよいとする考え、
一方、東洋は病気はエネルギーの調和の乱れであるから、どのように再調整するかを考える。

有史以降、西洋的価値観が世界を席巻してきたのは、何もその考えが正しかったからではない。
エネルギー的に見て西洋的価値観は力の勝負なのである。だから乱暴である。
乱暴なほうが穏やかな思想を駆逐してしまうのは当然ありうることである。
東洋的思想に影響された西洋人に穏やかな人が多いのは、

西洋を際立たせている「悪」と「私」を孤立させることをやめたからである。

エネルギーの調和が乱れる原因には「私」も絡んでいることの自覚、

自然風土気候の輪の中の一員であることの自覚があった。
だから、東洋には伝統的な修行体系がたくさんあるが、西洋にはあまり聞かない。
僕の感じでは西洋的修行とは使命の達成であろう。それが神との契約の遂行となるわけだから。

■からだはうす
TEL     0422−38−8656
営業時間  通常日 :10:00~21:00 (最終受付20:00)
      水・木 : 10:00~19:00 (最終受付18:00)
定休日   お問い合わせください

■トリートメントルーム satowa
TEL     090-4417-3434
営業時間  平日:12:00~21:00
      日曜・祝日:11:00~21:00
定休日   第2日曜日
  • facebook
  • twitter
  • mixi