ブログ

ブログ詳細

チャクラセラピー 〜 三鷹 呼吸 デトックス からだとこころ 整体


からだはうすでは毎月チャクラセラピーと称して呼吸のワークを行なっています。

(毎月第2日曜日10:00~20:00)

 

チャクラセラピーの概要 5

 

  • 各チャクラのエネルギーについて

 

第2チャクラ = 丹田周辺部 = (オ)

 

ここのチャクラには基本的な生命力が宿ります。生物の目的は個の生存と種の保存に集約されます。人間とて例外ではありません。その目的の成就のためのエネルギーが食と性のエネルギーです。このエネルギーはとてもパワフルで生命活動の中心にあります。

 

個として立ち上がっていくプロセスはこのエネルギーに支えられるわけですが、そこには破壊と創造が常につきまといます。食には自分以外の生物を殺すという行為が前提として含まれています。他者の死によって自らが生きながらえる。つまり、死という破壊によって生という創造が生まれます。

 

ですから、この第2チャクラには闘いや争いのパワーが満ちています。「私」が顔を出してくるプロセスですから当然自分以外のものとの区別がはじまり、争いと区別が合流して差別化が生まれます。差別とは文化文明の遅れではありません。そもそも差別化することで互いが際立つという生物メカニズムの本性なのです。

 

私たちは今日、人種をはじめ、女性や民族や障害者などに対する差別意識の業と闘いはじめましたが、その途上において、古典的な野生的生命力を非常に短い期間で複雑で微妙なパワーゲームに変身させました。例えば、オリンピックに代表されるスポーツや金融界のマネーゲーム、ファッションにおける自己主張などはみな第2チャクラのエネルギーと結びつきます。競争のエネルギーは勝者と敗者を生みますが、権力や支配は常に勝者の裏側に常にへばりつくものであることを忘れてはならないと思います。

 

動物観察から理解される生殖の典型的なメカニズムは雌をめぐっての雄同士の闘いです。種の保存に関しては必ずしも強い動物が生き残っていくとは限りませんが、同種間の生殖競争においては闘いに勝った雄が雌をゲットします。人間の生殖行動は動物ほど表立ってはいないとしても、潜在領域では自らの優位性を誇る闘いを行なっています。

 

巷間に見聞きする犯罪や事件の大半はこの第2チャクラのエネルギーが関与しています。現代は食とはお金のことです。つまり、お金をめぐって、女をめぐって男をめぐって、そして権力をめぐっての争いが犯罪や事件の引き金になっています。この3つのエネルギーの同質性は合体し易いものです。私たちはこのような生きる推進力とも言えるエネルギーとどう向き合っていくのか問われるところです。

■からだはうす
TEL     0422−38−8656
営業時間  通常日 :10:00~21:00 (最終受付20:00)
      水・木 : 10:00~19:00 (最終受付18:00)
定休日   お問い合わせください

■トリートメントルーム satowa
TEL     090-4417-3434
営業時間  平日:12:00~21:00
      日曜・祝日:11:00~21:00
定休日   第2日曜日
  • facebook
  • twitter
  • mixi