ブログ

ブログ詳細

ストレッチ講座 ~ 三鷹 ストレッチ 呼吸法 デトックス 整体 カウンセリング


からだはうすで行っているストレッチ教室は、ただストレッチをおこなうだけではありません。

 

身体の構造を知りながら、具体的なイメージを持って、自分と向き合い、身体を改善していく場です。 教室の中で行っているストレッチのポイントをご紹介してまいります。

 

まずはストレッチの中でもスタンダードなポーズに開脚があります。

 

太ももの付け根から膝の内側に延びる筋肉を柔らかくするポーズの重要さについて簡単に説明していきます。

 

 立っている状態では上半身の重力は脚に流れます。

それも主に両脚の内側を通る。 足底に土踏まずのアーチがあるのは、その重力を吸収するためで、親指が大きいのもそれを支えるためです。

 

太ももの内側の筋肉が硬くなると重みを吸収できなくなり、エネルギーがどんどん脚の外側に流れてしまいます。 すると、膝関節が歪みO脚になっていきます。

 

膝が外側に歪むと真っ直ぐに立てません。つまり、膝が曲がり腰も曲がってしまいます。

 

お年寄りの方に多い変形性膝関節症はこういったプロセスを経て発症するのです。

 

開脚のポーズは幾つになっても真っ直ぐに立つことができるための必須ポーズのひとつです。

 

やり方で注意することは、できるだけ骨盤を立てるようにします。

 

床に頭がつくことよりも、背中をしっかり伸ばして、両手をつっかい棒にしておへそを前に押し出してあげるようにしましょう。

 

足首を90度に立てて太ももに力を入れ、膝が曲がって床から浮かないようにします。

 

我慢できる程度のきつさのところでキープして、ゆっくりと大きな呼吸と、伸ばされている筋肉の中をエネルギーが流れてイメージを合体させて行います。

 

ストレッチは一回に沢山するよりも、何度も繰り返す事が重要です。

 

適当なところで一度ほどいて筋肉をゆるめ、他のポーズをしてからまた開脚に戻るというように、繰り返してやる方で効果が上がります。それに、飽きにくいです。

 

 次回は脚がまったく開かない人が、飽きずに、諦めずにやれて、やがて開脚が大好きになるためのやり方をお教えします。

 

一人ではなかなか継続できないという場合には、是非、からだはうすに足を運んでください。

 

毎週火曜日・水曜日・土曜日・日曜日の10時からストレッチ教室を開催しています。

 

参加の場合にはお電話ください。

からだはうす:電話0422-38-8656

 

■からだはうす
TEL     0422−38−8656
営業時間  通常日 :10:00~21:00 (最終受付20:00)
      水・木 : 10:00~19:00 (最終受付18:00)
定休日   お問い合わせください

■トリートメントルーム satowa
TEL     090-4417-3434
営業時間  平日:12:00~21:00
      日曜・祝日:11:00~21:00
定休日   第2日曜日
  • facebook
  • twitter
  • mixi