ブログ

ブログ詳細

自覚なき奴隷 ~ 三鷹 整体 呼吸法 ストレッチ カウンセリング


自覚なき奴隷

私たちの価値観が「早い・ 安い・ 簡単・便利」の一辺倒となって久しい。大量生産の大量消費、資本主義経済はその時々に欠陥を露呈しながらもそれをはるかに上回る悪魔や死神(金の亡者たち)を生み出し自己増殖していく。私たちは「優雅・贅沢・自由」という意味深な生活スタイルを「早い・安い・簡単・便利」の延長線上にあるものと錯覚し、富を牛耳る1%の仲間入りを目指して奮闘する。結果、私たちの奮闘努力はすでに1%の中に侵入している人々に吸収され、自らの人生を否定しないですむぎりぎりのラインの報酬を与えられて死んでいく。

大量生産大量消費が産業革命に端を発したことは自明のことだと思われるが、18世紀半ばに興った産業革命が英国にて成功した理由のひとつに、当時英国は膨大な植民地を持っていたということが挙げられる。それは徹底的に安い労働力と、自国製品をなかば強制的に売りつけることのできる市場を持っていたということである。いわば、奴隷として扱える植民地を持っていた。大量生産大量消費への道筋はは工業技術だけの問題ではなかった。

21世紀が開幕しても資本主義経済は奴隷を必要としている。しかし、昔のようにおおっぴらに植民地を持つことはできない。ならば国の内部に奴隷を作ること、もしくは他国を合法的(支配する側の論理に過ぎない)に従わせることを 考えるだろう。私たちは、名目上市民としての権利を保障されつつ人生の時間のほとんどをお金を生む為の作業に費やし、多少の報酬は「早い・安い・簡単・便利」の価値観を背景にした「さあ買え!さあ使え!」と脅迫的とも思える喧伝に引きずられて使い果たす。「早い・安い・ 簡単・便利」は奴隷制の現代版なのだ。不自由な規則に縛られ、徹底的に管理され、朝夕の通勤は囚人列車と化す。この様を奴隷と言わずになんと表現しよう。

「早い・安い・簡単・便利」の価値観は物事を深く考えない方向に向かう。それは、物事がいとも容易く用意される世界だ。物事が簡単に用意されると人は疑いをもたず言うことを聞く。そして、深く考えないということは思考のレベルが下がるので操りやすくなる。結果、幼児性が露わになる。それが今の日本の実態である。ウソだと思うなら現在日本国のトップに座る人物をよく観察することをお薦めする。私たちは単なるガキ大将に国の命運を預けてしまった。それは日本国の象徴として映し出されているのである。ガキ大将には「愛」も「未来」も理解不能の領域である。ただし、民衆が「愛」を叫んでいるときほど、権力が安心していられるときはないということは肝に銘じておいた方が良い。資本主義経済構造の中では「愛」はどう見積もっても「安い」ということを。

■からだはうす
TEL     0422−38−8656
営業時間  通常日 :10:00~21:00 (最終受付20:00)
      水・木 : 10:00~19:00 (最終受付18:00)
定休日   お問い合わせください

■トリートメントルーム satowa
TEL     090-4417-3434
営業時間  平日:12:00~21:00
      日曜・祝日:11:00~21:00
定休日   第2日曜日
  • facebook
  • twitter
  • mixi