ブログ

ブログ詳細

人が目ざすもの 三鷹 整体 呼吸 ストレッチ カウンセリング


あなたの人生のテーマはなんでしょう?

人々は生きていることの意味や目的を問うたとき、どんなことを思い浮かべるだろうか。

そんなとき多くの人々は歴史上の人物やこれまで自分が見知った人たちに対する尊敬度や憧れをもとにしながら、 その人がどのような人間性でどのような事柄を成し遂げたかを基準にして考える傾向がある。 特に社会的に貢献した人々や独自の才能を開花させた人がモデルになって、自分をそこに重ねたり目標にする。 それはそれで人生を歩むうえでの指針にもなるし、励みにもなる。

しかし、「人生をなんとかしのいで生きる」風潮がここまで見られるようになったとき、 外側(社会)に何かを作り出していくという姿への共感は力を失ったと思われる。 だとすれば、最初の問いそのものを考え直さざるを得ない。

人間が生きていくうえで本来の問いとは、 「あなたはどういう人間になりたいのか」というものである。 多くの人々のイメージは職業についてか、或いは、社会的な貢献努力の成果である。だが、それでははじめのイメージに戻ってしまう。 それではこの<どういう>という言葉への理解が浅い。

現代人が人間関係の溝でもたついているのは、ひとえに社会的な位置づけや価値観を念頭におくからである。 <どういう人間か>ということは何も職業や能力のことを問うているのではない。 それは個体心身の状態を指しているのである。

例えば、声のはっきりした人になりたいのか、小さなくぐもった声でいたいのか、 スタスタと歩く人になりたいのか、ずるずる引きずって歩きたいのか、 思うこと感じることを素直に声や言葉にすることができる人間になりたいのか、そんなことはどうでもよいのか、 深い呼吸ができる人間になりたいのか、浅い呼吸でよいのか、 身体が軽く感じながら過ごしたいのか、かったるいままで過ごしていたいか、 他人の言うことに耳を傾けることができる人間になりたいのか、他人の言うことなど聞きたくもないか、等々、もう無限にあるだろう。

それらは一個の人間の姿として現れる事柄である。だから問いも「どういう姿の人間になりたいのか」と変える必要があるかもしれない。

空気を吸い込むこと、食物を食べること、生き物を愛でること、その他あらゆる行為・想念が自らの心身に気持ち良い感覚を与えてくれる身体と心は、自らが充分な注意をはらって 創り上げていくものである。その努力を怠って自己を実現することなどできっこないのである。

単に見た目だけではない、「あなたはどういう姿の人間になりたいですか」。これは中身への問いかけである。

教育やしつけを云々する前に、すべての人がこの問いを自らに問いかけ続けなければならない。 どういう人間になろうとまったく自由であるが、なりたいと思えば方法は必ずある。

「どういう姿の人間になりたいか」 を、かっこつけたりいじけたりしないで真剣に自問自答したとき、人はきっと素直さを手に入れることができる。そのまんまの自分を。

■からだはうす
TEL     0422−38−8656
営業時間  通常日 :10:00~21:00 (最終受付20:00)
      水・木 : 10:00~19:00 (最終受付18:00)
定休日   お問い合わせください

■トリートメントルーム satowa
TEL     090-4417-3434
営業時間  平日:12:00~21:00
      日曜・祝日:11:00~21:00
定休日   第2日曜日
  • facebook
  • twitter
  • mixi